FC2ブログ

丹沢の大山に親子登山(?)1歳の双子を連れて…

2019.01.16 22:35|*やまたび*
こんばんは!
今日は子供たちを一時保育に預けて、
私はジムでトレーニングしたり、家事したりのんびり過ごしました…
いろいろ充電できたので、心も穏やかです(笑)
そんな1日の終わりに…
12月に家族で行った大山の記録を書きます!
私はずっと親子登山に憧れていました。
だから妊娠した時、ベビーキャリアに子供を乗せて、山を歩くことを妄想してました。
でも想定外に一気に2人も生まれたので、その妄想は非現実的なものとなりました←旦那はあまり登るのは好きでないので…
でも憧れはなかなか捨てきれないもので、旦那を連れていくことで、どうにか足を踏み入れられる山域はないか、地図とにらめっこしたものです。
今までは、八ヶ岳の美し森へ行きました。
たった15分の登りで、かなりきつかったです(笑)
そして今回は親子登山のリベンジを果たそうと思ったのです。
それが、丹沢の大山!
しかし私はまたなめていたのです。
結論…阿夫利神社に到着して、力尽きました(笑)
せめて、見晴台…と思ったのですが、
丹沢と双子連れという高い壁を超えることはできませんでした…
なんか悲しい感じになってしまいましたが、個人的にはこれでもすごく満足しました(笑)
なので、赤ちゃん連れの親子登山を考えている人の参考になればと思います…
大山の登山口までは車で行きました。
結構早く到着したと思ったのですが、すでに駐車場は満車…
どうしようかとノロノロ車を走らせていたところ、旅館の人が手招きして、旅館の駐車場に停めさせてもらいました。料金は周辺のタイムズとかと一緒だったと思います。
そしてここから…
ケーブルカーにたどり着くまでが大変でした…
厚着した子供たちは10キロ
+ザックを背負って、前後に覆われる私…
もう暑さでヘロヘロ…
階段にさしかかったあたりで、子供たちを降ろして手を繋いで歩こうとしましたが、
手を振り払って、自由にあちこち動き回るので、追いかけて引っ張っていく方が疲れたかもしれません…
それでも子供たちは生き生きと動いてました(笑)

↑ケーブルカーのチケット買うのもちょいと並びました。1つ1つの行動が、とても大変!
やはり子供の数<大人の数
でないと、かなり疲れるなぁとさ思いまし…(笑)

↑駅です。紅葉がきれい!


↑ケーブルカー内
天井までガラスが一部覆われていて、とても開放感がある空間でした!
ただ…ここからが大変!
一人が大泣きし始めたのです。
抱っこしても泣きやまない…
どうやら乗り物が怖いようなのです。
8月に飛行機に初めて乗りましたが、その時も1時間半泣き続けて、立ちっぱなし抱っこしていたのですが、その時と同じ泣き方をするのです…
ちなみに飛行機は二人とも大泣きで、私は1時間近く2人を抱っこし続ける(←旦那抱っこだとのけぞって私の方に来ようとするので、子供たちのお尻だけ支えてもらうというシュールな光景)地獄の時間だったのです。
今回は一人だけ泣きましたが、ケーブルカー中に響き渡る泣き声でした。。。
すいません、すいません…と頭を下げつつ下車…
でも阿夫利神社に着いたら、二人とも元気よく歩いていました!

↑人もたくさん!

↑神社の方へ階段を登ると、下界を見下ろすことができます!



↑今はパパでいいんかい!の図

↑お水が汲めます。重いから。諦めました。

↑最近鉄棒が好きなので、似たようなものを見るとぶら。下がります
そしてぼーっとしてると、片方いなくなります(笑)



↑本当はここから見晴台まで歩く予定でしたが…帰宅!

↑帰りのケーブルカーもギャン泣き…

↑そして、駅から車まで歩いているところ、抱っこで就寝…
車の中でもじっとしてない二人なので、親たちはとっても楽に帰ることができました…
しかし家に着いて目覚めた二人はまた活動が始まり…退屈だーと騒ぎだし、結局公園でまた遊ばせるのでした…
ホント登山よりずっと疲れます(笑)
双子という理由で、経験させてあげられなかったこともあると思いますが、ちょっとずつでも連れ出してあげたいなぁと思うのでした(^^)ほどほどに…
では!
日常激務、リケジョ建築家シュロの週末登山レポ♪ポチしていただけると嬉しいです~^^
応援よろしくお願いします_(^o^)_
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ
過去のやまたびレポはこちらより↓
シュロのやまたび
■おまけの一言■
ちょっと目を離したら…生えてる歯全部使って相手を攻撃してました…(泣)
スポンサーサイト

瑞牆山周回コース!絶景紅葉の林道◎

2019.01.14 13:07|*やまたび*
こんにちは^^シュロです。

あけましておめでとうございます。


年明けとともに胃腸炎になり、そのまま誕生日を迎え、

やっと復活してきたところです。

正月は死ぬほど疲れました(笑)


去年は5回も登山をすることができました!

これは家族の協力あっての貴重な時間でした。


このブログも登山全盛期からはかけはなれるペースでしか更新してませんが

結構毎日見てくれている方がいることが励みになります。

私の過去の登山記録が、誰かの登山の参考になりますように。

今年も山の魅力を少しでも伝えられますように!


今日は新年1回目の登山レポを書きたいと思います。

ここで雪山でも書きたいところですが、

10月に登った瑞牆山のレポートを書きます(笑)

もう、いつも時間差ありまくりですみません・・・


ただ今年の登山レポの試みとして、

手書き地図を添えたいと思ってます。

というのも、山行記録を見るときに、なんとなくでいいから地図があればいいのになぁ~

と私自身が感じていたからです。


地図のイメージ付で、その山の様子を写真とつたない言葉でお伝えできればと思います。


では、だいぶ前置き長くなったので登山レポに移ります!


今回紹介するのは、日本100名山の瑞牆山です。

10月中旬に登りました。


瑞牆山は2回目の登山になります。

以前の記事はこちら→瑞牆山ピストンコース


初めて登ったのも紅葉シーズンでしたが、

コースは瑞牆山荘からのピストンでした。

しかし今回は周回コースを歩いたので、こちらを紹介できればと思います。


コース:





みずがき山自然公園→車道→不動滝→山頂→富士見平小屋→みずがき林道→みずがき山自然公園


9.8キロ6時間40分(うち休憩1時間)でした。

瑞牆山荘からのピストンコースより、1時間ほど長いコースです。


このコースは北側の斜面から登り、南側に下って、最後は林道をトラバースするルートになっています。

コースの変化が楽しく、とくに最後の林道の紅葉が最高でした!


逆ルートも考えられますが、日が少し傾いた頃、夕暮れの光にあたる紅葉がとても綺麗だったので、

紹介したルートで正解だったと思います!


それでは、詳しく紹介していきます!


まず、車をみずがき山自然公園に駐車します。

マットを持ったクライミングの方々がたくさんおりました。

また綺麗なキャンプ場となっていたので、いつかここで家族キャンプできたらなぁ~最高!と思います。


 


↑こちらは駐車場から歩き始めたときに撮った写真

瑞牆山荘より山頂がよく見えます!


 


 



↑右側の大きな岩が大ヤスリ岩ですね!

かなり迫力があります。


 


↑最初はしばし舗装された車道を下っていきます。

もうすでに紅葉が美しいです・・・!



 


 


 



 



↑小さい子供を連れて、このあたりを散策するだけでも楽しめるなぁ~と思いました!

この時期、いろは坂・日光の紅葉を目指す人で関越道の方が混んでいると思います。

中央道でいけるここは、日光にも劣らない穴場紅葉スポットだと感じました!


帰りには、ラジウム温泉の増富温泉もありますしね♪


 


 


↑舗装された車道が終わると、舗装されていない車道に入ります。

この入り口付近に駐車している車もありました。

不動滝を通るピストンで帰ってくる人たちの車でしょうか・・・



 



↑今回はいつものミラーレスソニーのカメラを使わず、

NikonD5200(レンズはシグマ)を持って行きました。

ズームで紅葉がよく撮れます!


それにしても重い・・・


 



 


↑ゆるやかな登山道を登っていきます。おしゃべりが楽しめる程度のゆるやかな道です。

ところどころ沢と出会います。

音も心地よいです。


 




 


↑歩くことに集中していると、不動滝を見逃してしまうかもしれません。

この先が不動滝です。


 


↑不動滝

静かに堂々と流れています


 



↑登山道にはこうした特徴のある大きな岩がところどころあります。


ちなみにここまでの登山道は比較的わかりやすいと思いますが、

ところどころクライミングの方が脇道に入ったところがあるので

注意して進む必要がありそうです!


 


↑さて、このあたりから一気に登りが急になります。


 



↑北側の斜面なので、日当たりもなく、結構寒い(笑)

ジグザグ登っていきます。


 


 



↑この道には、シャクナゲがたくさん咲いていました。

花が咲く時期はとても綺麗になると思います^^


 



 



↑日が当たるところが見えてきたら、瑞牆山荘からのルートと合流します。

帰りはここを下っていきます。


下る前に、あと少し山頂まで登っていきます。


 



↑このように最後はクサリをよじ登っていきます。

下る人と譲り合って進みます。


 



↑山頂まで出ました!

今まで見通せなかった景色が一気に360度見渡せる大絶景です!


 


↑外国人のパーティーが恐ろしめのところで休憩していました。



 



↑富士見平小屋から金峰山への尾根

五丈岩が左側に見えます。

 


↑金峰山全貌


 


↑大ヤスリ岩

ここをクライミングする人もいるんですね・・・

恐ろしい~~~


 



↑南アルプス方面


 



↑みずがき山自然公園

駐車場が見えます!


 



↑八ヶ岳方面


 



↑八ヶ岳と記念撮影


 




 



↑小川山方面


 



↑またまた金峰山方面


 


↑南アルプス方面


もういったりきたりで撮影します


 


 



 



 


 



↑金峰山とわたし


 



↑撮影終わって戻るわたし 「とーぅ!」


このあと6人でお昼を食べて記念撮影して下山しました^^

1時間ぐらい山頂にいました・・・


 



↑右側が登ってきた道

左側がこれから下る道です。

 



↑大ヤスリ岩に登っている人が見えました。

 



↑ここからの下りは、前回瑞牆山に登ったときのレポート通りでもあります。


 



↑ごつごつした大きな岩

膝に響きます・・・(笑)


 


 


↑下りだとマークが見えにくく、どこを下ればいいのか迷った場所が何箇所かありました。

先頭を歩いていたのですが、

「こっち不正解~!」って何度叫んだことでしょう・・・(笑)


 


 



↑ところどころ、こんなクサリがありますが、滑りやすいだけで高度感はありません


 


 



↑ずーっとこんな道だから嫌になってきました(笑)

このような道は登りの方がいいですね。


 


 


↑崩落場所


 



↑よっぽど「止まれ!」をアピールしたかったのでしょうか


 



↑沢の近く、桃太郎岩まできました。


 


↑みんなで岩を支えている?


 



↑沢の横です。少し休憩できるようにベンチがあります。


 



↑沢まで降りました。


 



↑富士見平小屋へ

最初、少し登ります。

 



↑沢から急坂を少し登り、そこから平坦な道をしばし歩くと富士見平小屋へ到着します。

出発からここまでトイレがないので、ちょっとしんどかったです(笑)

トイレがないと思うと、水分とるのも強くなっちゃいますからね。。。


 



↑メニュー豊富な富士見平小屋

いつか食べてみたいなぁ~


この日はテントもたくさん張ってありました。


 


 


 



↑富士見平小屋から瑞牆山荘方面へ少し下ったところに、

みずがき山自然公園方面への分岐があります。

ここから斜面をトラバースしながら、みずがき林道を歩きます。

この区間の紅葉がとても素晴らしかったです!


 




 


 


 


 



↑右手に瑞牆山の稜線が見えます。


 


 



↑色とりどり・・・紅葉のトンネルを歩いていきます!


 


 



↑サクッサクッと落ち葉を踏む音も心地よいです。


 


↑だいぶ日も傾いてきました。



 



↑影とのコントラスト、最高です!


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 


 



↑ひたすら林道の紅葉写真をご覧いただきました。

もうずーーーっと紅葉です、素晴らしいです!


 



↑車道が見えました。

車道に出て、少しだけ歩くとみずがき山自然公園の駐車場に到着します。


 



↑駐車場近辺もこんなに紅葉が綺麗ですよ~!


 


駐車場に着いたときにはもう夕暮れです。

赤く染まる瑞牆山がとても綺麗でした!


帰りは増富温泉で疲れをいやし・・・

とっても充実したやまたびとなりました~!


それでは今年もよろしくお願いします!


日常激務、リケジョ建築家シュロの週末登山レポ♪ポチしていただけると嬉しいです~^^

 応援よろしくお願いします_(^o^)_


 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ 


過去のやまたびレポはこちらより↓



■おまけの一言■

今年のプロ野球開幕戦

マツダスタジアムでのカープVS巨人がとってもとっても楽しみですね~~~(笑)

祝★産後復帰登山★尾瀬・至仏山

2018.10.15 11:54|*やまたび*
こんにちは、シュロです! 

 今回は久々にリアルタイム登山レポを更新します!
と、言いつつ書き始めから3週間ぐらいたってしまいました・・・

登ったのは9月中旬です!!!

さて。 正月に登った高尾山ぶり… 本格的な山登りは産後初めてです!
 今回、山に登れたのは子供たちの断乳が大きく影響しています。
 夜間の夜泣き、頻回授乳×2が続き、 体力的にも精神的にも私も限界! 
ごはんも食べ散らかしはするものの、それなりの量を食べるし、家族の協力もあって断乳することを決意しました。

 断乳の詳細は時間あれば書こうかなぁ… 断乳の日中初日、私がいることで授乳してもらえることを忘れさせるために一日子供たちと離れることになりました。

 一日ってことは、本格的な山に登れるよな…と思い… 突然に決行しました(笑) 

この山に行きたいがゆえの行動力は産後も衰えてません!!!(笑)

 そして山選びの条件に
 ■朝発で日帰り 
■渋滞を避けるため、中央道ではなく関越道沿い
 ■稜線に立ちたい
 ■できれば2000mを超えたい 

 日帰りで帰ることを考えれば、コースタイム5〜6時間以内に抑えたいです。 
 そして選んだのか、尾瀬の至仏山 
もう一つ、ロープウェイ利用の谷川岳も考えましたが、一緒に登ってくれる人が登ったばかりだったのでこちらは却下しました。

 尾瀬の至仏山といえば、2014年7月にも登っています。
コースも同じなので、登山道の様子は過去記事の方がわかりやすく書いていると思います。

ついでに尾瀬ヶ原はこちら

燧ケ岳はこちら

今回は季節違いということで、紅葉の始まりをお伝えできたらと思います。

さて、東京を朝6時半ごろ出発し、事故渋滞に巻き込まれたため
尾瀬の玄関口の戸倉には10時半ごろ着きました。
駐車場も満車で、臨時にスキー場の駐車場が利用できるようになっていました。
そこにとめて、鳩待峠まで乗合いタクシーで行きます。

コースですが、
鳩待峠から小至仏山~至仏山をピストンするコースです。
もう少し早く到着していれば、山ノ鼻へ下り、少し尾瀬ヶ原を堪能してから
至仏山に直登し、小至仏山を通って下山する周回ルートも考えましたが、
今回は却下!

スタートは11時です・・・
私も久しぶりの登山なので、無理をせず
辛いなと思ったら引き返すことを仲間に伝えました。

このピストンコース、途中にまったくトイレがないので
鳩待峠に着いたら、トイレをすませましょう~!
トイレなし登山はドキドキもんです。

↓尾瀬看板向かって左に至仏山登山口があります。
そこには登山届もありますよー!

 

 ↑入口はまだ緑ですね!わくわく

 

↑紅葉と青空のコントラストが最高でしょー!

最初はゆるやかな登りでスタート
景色を楽しみながら、おしゃべりして登ります。

何せ本格的な登山は2年弱ぶりなもんで、
私の興奮もすでにピークなのです!


 ↑色とりどりの秋を感じながら!

今回、はりきってカメラは2台・・・
NikonD5200とソニーNEX5α
どっちもかなり古いカメラ・・・
ソニーにいたっては、壊れて修理したばかり

新しくカメラを買うお金はありませんでした・・・

Nikonは一眼練習
Sonyは広角レンズ専門です!

結論、どっちか置いていけばよかった・・・

久々のザックは、不安要素を解消する多めの防寒や
山で食べたいものを入れ尽くした結果
かなり重くなりました・・・

9キロのわが子より重く感じます・・・

でも後ろで動かないから、ましかな(笑)

↑しばし歩くと尾瀬らしき木道が

尾瀬ヶ原とは反対側の斜面を登ってるんですねー! 

 
↑少し急な階段を上ると、尾瀬ヶ原と燧ケ岳が見えてきます!


7月に登った山小屋拍燧ケ岳の記事↓


 


↑3連休ということもあり、登山客もとても多かったです。
ただ私たちは誰にも抜かれず、誰にも追い越さず・・・
ただひたすら下山してくる人たちにあいさつをしていました・・・

まさに「こんにちは」地獄 天国・・・!
結構な渋滞にはまって、ずっと道を譲り続けたりすることもありました。

まぁ登るのが遅かったですからね!

ちなみにここは、原見岩というところです。
ここからの尾瀬ヶ原は最高に美しいです!

ここを超えて、しばし登ると小さな湿原に出ます。

 
 
↑ここが湿原です。
一瞬でも尾瀬ヶ原を感じられます!
初夏はワタスゲが咲いていてとってもきれいでした!

 
 
 
 
↑悪沢岳への分岐は撮り忘れました。分岐を超えると、このような木道の登りが
階段がかけられないところは、手を使うような岩場もあります。

尾瀬ということで、軽装の方も結構いましたが(ジーパンスニーカー)
滑るので注意が必要です・・・!


↑雲がどんどん湧いてきて、至仏山が見えなくなってしまいました・・・ 

でもね、すでに山を満喫しきっている私、テンション高め
多少のガスが出ても、全然気にならない!!!
もう山という空間にいれるだけで幸せ!

 

 
↑鳩待ち峠が見えます!

※すみません、このあたり写真が前後しているかもしれません・・・

 


↑下りはいいんですけどね・・・登りは結構ぜいぜい言いますぜ~い


 
小至仏山ももうすぐといったところかな 

 
↑はい、到着しました!
※これは帰りに撮りました。

行きの小至仏山は通過のみ
ピークを目指します!


↑しかし至仏山 は見えなーい

でもガスだっていいじゃない!こんな景色、下界じゃ見れないから!
涼しくて快適よぉ~~~

 
↑小至仏山~至仏山はかなり展望がよろしいんですよ!
植物も低いし、180度NICE VIEWなんですがね
ここは想像力と記憶でカバー



 
↑ちょっとガスが引き気味の時もあるんですが 
↑続々わいてきますよ 

 
↑もうすぐ山頂かな、と思ったら、もう1ピーク残ってたってので何回かやられます(笑)
 ↑そして無事に到着しました~!


↑もう私たちしかいないんじゃないかと思ったけど、
まだたくさんの人がいました!
どうやら山ノ鼻から登ってきている人が多く、
本日最後の登山者だろう と思っていた私たちより
後に到着した人たちも何組かいました

ここまでコースタイムの70%で登ってこれました!
「私、できるじゃん!いぇーい!!」と仲間とハイタッチ

しかし己を過信ではいけませんね。
山頂でご飯食べてるときに、今までにない疲労感に襲われました・・・

さて本日の山飯
 
↑レタス&ベーコンを炒めただけ(セブンイレブン調達)

 
↑親子丼 缶詰焼き鳥とおにぎりで(すべてセブンイレブン)

山飯、懐かしい・・・
バーナーのぼ~~~って音が懐かしい
コッフェルがこげついて、家帰って洗うのめんどくさいなーってなる感じも懐かしい

あぁ山飯よ、ありがとう

↑尾瀬ヶ原は見えませんでしたがね
それは子育て中に山の妄想たくさんしてきましたから、
私の想像力でカバー・・・!!!
頭の中には尾瀬ヶ原が広がってるよー!
本物の空気吸ってますから!!!



↑30分ぐらいは山頂にいれたかなー
少しガスがのいてきたので、下山開始! 


 
↑ガスから稜線がチラ見えするのも萌えますなぁ~


↑一瞬の全部見え!そして夕暮れの日当たり、
若干オレンジにそまっている稜線がまた美しい!
キラキラキラ~
 
↑真っ赤だなー真っ赤だなー
光ってるよーーー

ガスがのくたびに、私の興奮度合いも上がっていく・・・
 

↑小至仏山に到着するころには、
 至仏山がはっきり見える時間も!

 ↑雲と青空って最強の組み合わせ 

ここから至仏山~小至仏山の稜線の写真をしばしお楽しみください!

 
 
↑今回、たくさんの親子ともすれ違いましたよ~!
私もいつか娘たちを連れてきたい!
 

 

 

 

 



 

 
たぶんね、順番ごちゃごちゃだけど
初秋の美しい雰囲気が伝わったかな?

樹林帯に入ってからはカメラをしまい、安全下山!
無事に鳩待峠まで戻ってきました。

しかし私の疲労感はんぱない・・・
帰りの車、足がガクガク気味でした(笑)

普段の抱っこ&おんぶだけではカバーしきれないのね・・・

でも本当に嬉しい時間となりました。
何より、本当に山に自分がいるということが実感できて
「できた~」という喜びを十分に感じることができました。
しばし山ロスは防げそうです。

この晩、帰ってから断乳2日目の夜に挑みました。
山エネルギーにより乗り越えられました(笑)

しかし子供のパワーはすごいですね、
充電した私の心はすぐに疲労感に変わるのでした・・・

それでも山に行けると知った私は
今まで以上に頑張れそうです!

山よ、ありがとう!
そして何より、家族ありがとう!

では~やっと書き終えて・・・ほっ

日常激務、リケジョ建築家シュロの週末登山レポ♪ポチしていただけると嬉しいです~^^

 応援よろしくお願いします_(^o^)_

  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ 

過去のやまたびレポはこちらより↓

■おまけの一言■
子供たちがママ―と言うようになりましたが、
絶対私じゃないって時も言うので
いつが「ママ」と呼んだ日なのかは
まったくわかりません・・・
でも嬉しい(笑)

あと
「わんわん」「パンパン」←パン食べたい時
しゃべるようになりました
あ、あとたまに「パパ」も(笑)

双子1歳になりました!

2018.08.22 09:35|双子育児
こんにちは!
今日は二人が朝早起きだったけどわりと機嫌がよく…起きてるときに家事ができました!
なので朝寝のうちにこの記事を書きます!
昨日の夜
ストレスを吐き出しましたが
数日前にふたごん、無事に1歳を迎えることができました!!!
こちらの記録も書かねばね…(笑)
赤ちゃんらしさが抜け、少しずつコミュニケーションが取れるようになってきた二人
意思疎通かできることは、子供たちも嬉しそう! いろいろなピークの生後8ヶ月に比べてちょっとは楽になりました。
とはいえ、昨日書いたように自由はありませんが…
最近の二人
■生後10ヶ月末から歩き始め、どんどん上達!誕生日2週間前からほとんどハイハイしなくなる。まだ小さな段差ではよろけがち。
でも歩くことが楽しそう!
■3週間の胃腸炎からやっと回復…毎日お尻洗い×2 が本当に大変だった…
胃腸炎中は医者の指示により離乳食の段階を1つ下げ、おこゆメインで肉は与えない。
最近は軟飯に戻り、食欲も旺盛!
がしかし…決しておとなしく座って食べない…
立つ、踊る、またぐ…それを二人見ながら一人で食べさすのはヘトヘト…
椅子の下に新聞紙を引いたり
持つようのスプーンを与えたり
テレビつけたり

↑こんな感じ…
■お互いを意識してることが増えた
おもちゃの取り合いは相変わらずだが、取られるだけでなく噛み付くようになった
腕に歯型が…
ニコちゃんは、よしよし~って言うと、イチコちゃんの頭をポンポン叩くようになった
■かわいい動作が増えてきた
電車を見ると二人でバイバイ!
手で顔を隠して「いないいないばぁ」ができる
「スキスキ~」って言うとぬいぐるみに顔をこすりつける
■夜泣き減った
いい日は夜中に起きるのが2回ぐらい!
朝5時起きも減り、6時の日もある
授乳したまま寝ちゃった日は、夜中起きる回数も多い気がする
■1歳誕生日
一生餅
イチコちゃん→半分の重さでちょっと歩いてドテっ
ニコちゃん→一升持って5歩ヨロヨロ歩いて~ドテっ
いい感じに転べました!!!
これからもっといろんなことができるようになるんだろうなー
どんな二人が見れるかとっても楽しみです!!!
ではでは
残りの朝寝の時間、私も寝ます~

よじ登るふたり…
日常激務、リケジョ建築家シュロの週末登山レポ♪ポチしていただけると嬉しいです~^^
応援よろしくお願いします_(^o^)_
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ
過去のやまたびレポはこちらより↓
シュロのやまたび
■おまけの一言■
同じぽぽぽぽーーーず!

自分が自分じゃなくなっていく感覚

2018.08.21 23:24|双子育児
こんばんは~!
今日も一日、ヘロヘロです…

早く寝なきゃいけないんだが…

私はありのまま~の気持ちをここに残しておきたい。
と言うのも、前にも言ったようにSNSはどちらかというとリア充子育て発信で溢れているから、
そうじゃなくて現実こんなにもがきながら必死な人もいますよー!って伝えたい…
そして同じように悩んでいる人の心を楽にしたい…
もう戦友みたいな感じで(笑)

とりあえずこの時間に関しては、
明日が来ることにため息ですね…

前提!!!
子どもたちはかわいいですよ!(笑)

毎日家にこもっていると、
自分と世の中の接点がなくなっていく感じがします。
それでも大変な一日はまたやってくるのです。

とくに仕事をしていた私にとって
達成感というものがまったくないのです。

誰かに何かをしてあげよう、喜んでもらって嬉しい!
ということもない生活。
むしろ、誰かに何かを助けてもらわないとどうしようもない現実の生活。

一生懸命やったから、これだけの成果が得られた!
感謝されたり、褒められたり…
でも現実は子どものことで追われて終わる毎日。
子供の成長の達成感とは全然違うのです。
だって子供と言えど、別々の個なわけで…
私として何かできている、生み出している…という感覚はまったくないのです。

ここまで話すと
「仕事は続けた方がいいんだね」
と言われますが、

そうじゃない…
例えば電車に乗ったとき席を譲ったり
道に困っている人がいたら話しかけたり
そういう人に親切して得られる幸せとか、
そーゆーのすらこの生活ではなくなってしまったんです

なぜかって
そもそも外に出れることが少ない
出れても子供2人連れ
いつでも助けてもらう専門です

だんだん自分が他の人にしてあげることが出来なくなって
助けてもらってばかりで
だけどいっぱいいっぱいでイライラして…

子供を育てている!
という役目とは別の何かを求めているからでしょうか…

ここで 
こんな気持ちを解消するにはどうしたらいいか

残念ながらまだ答えはよくわかりません

ストレス発散するにも
誰かにお願いしなくてはいけない

仕事が辛くてストレスたまっても
自分の時間軸でなんとか気持ちと体力を調整できたわけですから

そこも昔と今では大きく違うと思います

ひどい時は
赤ちゃん一人連れてるお母さんを見るだけでイラッとする時ありますよ!
「自由でいいな!」
ってね

一人だったら
都心へ買い物も
子連れ登山も
旦那の力を借りずに
平日いくらでもできるのに!

って
せっかく双子に恵まれてるのに
思ってしまいます

これで自分で自分がどんどん嫌いにもなっていきます

でもね、自分より大変な人もたくさんいるわけで
大変さのレベルってはかれません

こうしたストレスを解消するには
やはり外に出るべきなんだと思います

家族以外の誰かと話して、
聞いてもらうべきなんだと思います
(家族だと、なんで私だけ辛いのよーって卑屈になってしまうからね。笑 旦那は怒りの矛先でかわいそうです。)

そして…
双子育児だとここが最もネックなところではないでしょうか…

子供預けるのをお願いするのも大変
連れていくのは不可能(私的に)
不可能というより、連れて行っても話に集中できず、会話内容の記憶がない

こうして外に出る機会が減り
家に子供のこもる時間が増え
なんとか一日を過ごすってだけになってしまうのです

これがよく言われる
世の中に取り残されて行く感覚ってやつだと思います

いずれ子供は成長するし
来年には仕事復帰するから
今だけの感情なのでしょう

周りの人たちからも
仕事復帰するんだから
と言われますが

仕事復帰するまでの
一日一日が大変なんです!
その日の気持ちをなんとかコントロールしたいんです!
一日笑顔でいれるように、どう考えたらいいのか知りたいんです!
と、言い返します。

どうでしょう…
子供がかわいい裏側で
私も結構もがいてます~(笑)

仕事や建築士の勉強の辛さとはまったく別の辛さ

これを乗り越えて
母強し
なのでしょう!

双子育児
きっと楽勝な人はいないはず
みんなもがいて頑張ってる
笑顔の裏に涙もあるはず

そう思ってます◎

最後に…
子供たちは本当にかわいいですよ!
私のところに生まれてきてくれてありがとう。
全力で二人の一番の味方でいたいと思います!

では夜泣き夜勤頑張ります~
いつ断乳しようかな…

おやすみなさい!

日常激務、リケジョ建築家シュロの週末登山レポ♪ポチしていただけると嬉しいです~^^
応援よろしくお願いします_(^o^)_
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ
過去のやまたびレポはこちらより↓
シュロのやまたび

■おまけの一言■

野球の試合結果でまたガックシ
| 2019.01 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

シュロ

Author:シュロ
趣味もない都心の建築家女子が、やまたびに目覚めて週末山ガールへ♪
絶景を求めてカメラを手に、週末やまたびへ出かけます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ランキング


やまたびまとめ

リアルタイムランキング♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ